火星の地下からメタンガス!?キュリ男が発見

NASA探索車が火星にて生命存在の可能性を示すガスレベルを検知 | TechCrunch Japan
NASAの探査車「キュリオシティ」が、火星地表から高レベルなメタンの存在を検知したことを、New York Timesが報じた。水曜日のミッション中に発見され、NASA研究者によって観測されたこの発見は、微生物が火星地下に存在していたことを示唆している可能性がある。

これまたやばい発見!!!NASAのキュリオシティローバーがまたやりました。

いやはやまだまだ火星も分かっていないことが多いということ改めて気づかされます。

まぁ、地球ですら分かっていないこと沢山ありますからね。地球がどのくらい太陽系、銀河系の中で特異な存在なのか、他の惑星と比べることで、理解が進むという側面もあります。

今回発見された高濃度のメタンガスは微生物の存在可能性を示すらしい。火星周回を回るNASAのMRO(Mars reconaissance orbiter)の情報からも確からしい。

火星人とは行かなくても、火星生物くらいはいるのかもしれませんねぇ!

ではまた!

コメント